硬式空手を語る!

あまり知名度がない硬式空手というジャンルを、独自の視点で語ります。

先手必勝の本当の意味は?

格闘技には「先手必勝」という言葉があります。

文字通り先に手を打った方が勝つという言葉です。

ここで勘違いしてほしくないのは、先に手を打つとこは、先に攻撃することではないということです。

今回はこの意味がどういうことかを解説します。

 

これと併せて最強とは何か?を考えてください。

若干哲学チックになってしまいますがお付き合いいただけると嬉しいですww

 

相手と向き合ったとき、そのレベルが高くなればなるほど動きが最小になります。それは、高段者になればなるほど、動きが隙を作り、負ける可能性を生むということを理解しているということです。

つまり、”先手”を先に攻撃すると解釈している方は、それ以上空手家として成長は見込めませんので考えを改めてください。先に動くということは自ら隙を作るということにつながります。つまり、負けに近づくと言うことです。

 

動くことが隙を作るなら、動かなければいい?そうではありません。決して相手を制するということを忘れてはいけません。自分が動かないのではなく、相手をいかに動かし隙を作らせるか?と言うことが空手の醍醐味で、それこそが先手必勝の”先手”です。

 

先に相手を動かすためのワナを仕掛け、そのワナにかかった相手を一瞬で制するのが理想の空手です。そのワナの仕掛け方はたくさん考えてください!それを考えてハマった瞬間、最高に気持ちいいを味わうことができます。

 

併せて最強とはということですが、動くから隙ができるので動かないことがベストです。さらに言えば相手も動かさい力を持つことが最強と言えるでしょう。争いは作らず起こさずということですね。空手家は空手の技を使わなくて済むことがBESTですからね!

 

くことが隙を作るのですから、そこを攻撃すればいいわけですよね?

 

先手とは、”相手を動かすためのワナ”と思ってください。